読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当てにならない映画メモ

つまらない?見方を変えれば面白い

マンチェスター・バイ・ザ・シー

f:id:nightvisions:20170514225000j:plain

ラ・ラ・ランド」「ムーンライト」「フェンス」と昨年度のアカデミー作品賞ノミネート作品を観てきましたが、脚本賞を獲っただけあり本作が断トツにストーリーが素晴らしかったです。

www.youtube.com

兄が亡くなり、突然、甥っ子の後見人になる男の葛藤を描いた映画です。甥っ子の青春を謳歌している街を出たくないと思いと叔父の青春を謳歌したために過ちを犯した過去のある街を離れて甥っ子の面倒を見ていきたい思いのぶつかり合う様が殺伐とせずどことなく温かみがある前半、叔父の元妻の登場により暗い過去が明るみになり状況が一変する後半、そして、全ての伏線が回収されて感動を畳みかけてくるラスト。そこに死してなお兄の弟を想う気持ちが生き続けているわけです。人間関係そのものが伏線というのが面白いですね。完璧な序破急、これぞハリウッド映画の真骨頂。撮影についてはアップを多用しないケン・ローチ風なのが感動を強要させずかえって強い感動を生み出しています。

この映画を企画し実現したマット・デイモンとアフレック兄弟の友情にも感動します。この感動はマット・デイモンとアフレック兄弟共演の「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」を思い出しました。マット・デイモンの脚本が見事でした。

f:id:nightvisions:20170515011220j:plain

大して感情移入できず起伏のないストーリーであった「ムーンライト」が作品賞に選ばれたのはボイコットしかねない黒人へのサービスに加えて反トランプ政権の時勢に乗っかったアカデミー会員の思惑があった気がしてなりません。差別に配慮することは決して悪いことではありませんが、優れた作品に賞を与える原則を崩すことがあってはなりません。ただ、差別のせいで黒人の才能が伸びていかないという現実があるとは否めません。

今年の上半期の洋画は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」と「人生タクシー」、「はじまりへの旅」が首位争いしています。次点に「わたしは、ダニエル・ブレイク」「コクソン」。近日公開の「20センチュリー・ウーマン」「セールスマン」「メッセージ」が気になるところです。邦画は河瀨監督、是枝監督、石井裕也監督の新作映画に期待しています。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

f:id:nightvisions:20170513232229j:plain

このポスターにJefferson Airplaneを感じました。

www.youtube.com

f:id:nightvisions:20170513233718j:plainf:id:nightvisions:20170513233737j:plainf:id:nightvisions:20170513233912j:plain

むさいおっさん三人が遂にマーベルに出ちゃいました(笑)

遊星からの物体X」でエイリアンと戦ったカート・ラッセルがエイリアンになり、「コブラ」でゴロツキを徹底的に痛めつけたスタローンがゴロツキ集団のボスに、「ナイトライダー」のデヴィッド・ハッセルホフが熱唱!何なんだこの映画は(笑)

www.youtube.com

サントラは音楽フェスさながら。

オープニングでElectric Light Orchestraに興奮。

www.youtube.com

ガーディアンズチームは仲の悪いのがロックなFleetwood Macを連想させる。

www.youtube.com

Cat Stevensで泣かせる。

www.youtube.com

エンディングはParliamentでフィーバー!

www.youtube.com

近くの観客のアメリカ人が終始ノリノリで愉快でした~

三里塚

f:id:nightvisions:20170511153442j:plain

小川プロダクションのドキュメンタリー映画が全てDVD化したので一つずつじっくり噛みしめて観ています。日本のドキュメンタリーの原点のはずなのにかなり斬新な撮影技法でした。インタビューの嵐でナレーションがほとんどなくあくまでも中立を貫く姿勢がとても良いですね。
成田闘争を題材にしていながら思想の主張はあまり強くなく人間の本質をえぐり出すことに重きを置いているから内容に深みが出てきます。普遍的なテーマが含まれない映画は面白くならないということを思い知らされました。全ての事象は普遍的なテーマを伝えるための媒体なので、普遍的なテーマを見つけ出せるようになるためには、目の前の問題に振り回されず本質を見抜く感性を身に付けることが必要です。

TSUTAYA DISCASとAmazonプライム

f:id:nightvisions:20170426185852p:plain

宅配レンタルが登場して十年くらい経ちましたが、サービスが年々良くなってきました。品揃えを考えるとレンタル屋に行くメリットはなくなってしまいました。ヨーロッパ系、中東系の映画はほとんどなくアニメばっかり。

僕の宅配レンタル及び動画配信遍歴は、TSUTAYA DISCAS→DMM→hulu→Amazonプライムなんですが、旧作借り放題の上に動画視聴ポイントが付いてくるTSUTAYA DISCASに戻ってきました。再入会して分かったのは、たまに新作映画をタダで視聴できるキャンペーンを期間限定でやっていること。DMMの宅配レンタルと同じ価格でこのサービスはすごいです。U-NEXTや楽天SHOWTIMEはお得感を感じませんね。

旧作借り放題といっても二枚ずつしか家に届かないですし、観終わってポストに投函して次のが届くのに最低三日はかかるので、お得感を感じるには届いたその日に映画を二本観る覚悟が必要です。頑張れば月に10往復で20本観れます(笑)

AmazonプライムTSUTAYA DISCASの動画配信より画質が良いのですが、メジャーなありきたりの映画が多い感じです。たまにTSUTAYA DISCASにもない掘り出し物が見つかることがあります。価格が安いのでこのまま続けます。松本人志の番組が泣けるほど笑えますしね。

キネマ旬報社の「知っておきたい監督」シリーズを参考にすると価値観を変えてくれる素晴らしい映画に出会えます。

f:id:nightvisions:20170507174416j:plain

人生タクシー

f:id:nightvisions:20170502004509j:plain

映画なのにあまりにも自然な台詞な上に監督が出てくるので映画とドキュメンタリーの境目が分からなくなるほどでした。更に言えば、説教じみていたり監督の主観的な主張が押しつけがましいということもなく、ドキュメンタリーよりもドキュメンタリーらしい映画でした。最初から最後まで見逃せない内容でした。イランの日常生活と社会情勢に鋭く切り込んでいます。海賊版DVDを販売することを文化活動だと言い放つ小人症のおじさんが愉快でした。監督の姪っ子のハナちゃんは将来、大物になる予感がしますが社会がそれを拒む気がするので何だかやるせないない。。

ドキュメンタリータッチの映画はヨーロッパでは主流ですが、ここまでドキュメンタリーとの境目が分からなくなるほどの映画はなかったので衝撃的でした。この映画の全てが演出だとしたら演技指導の天才ですね。新しい映画の可能性を提示したジャファール・パナヒ監督にはとにかく敬意を表したいです。

イラン政府から映画制作を禁止されているにも関わらず撮影を敢行したわけだから現場には鬼気迫る緊張感があったたろうに、それをどこか楽しんでいる監督の度胸は測りしれないです。この作品への思い入れをひしひしと感じることができました。

聖の青春

f:id:nightvisions:20170425010125j:plain

ありきたりの感動を誘う難病ものかと思いきやなかなか屈折してました。命を張らずに将棋を指す健康体である棋士たちに対する怒りを態度に出すために仲間が離れ孤立していき、羽生打倒に向けて命を削りながら自分を追い込んでいくんですが、その緊張感がまるで極道映画や任侠映画のようでした。最後の試合は決闘にしか見えません。主人公の心の支えになるような恋人も全く出てこない、孤高の青春といったところです。予告編の雰囲気とはかなり違いましたね。将棋を極めるわけだから、ある意味では極道なんですけどね。

松山ケンイチの大増量した役作りは「レイジング・ブル」のロバート・デ・ニーロを彷彿とさせ、羽生善治の常人離れした間の抜けた雰囲気を東出昌大がうまく演じ、染谷将太が脇を固めています。若手演技派俳優の熱意を堪能しました。

ジョイ

f:id:nightvisions:20170422014915j:plain

なんでこの素晴らしい傑作を劇場公開しなかったのか理解できません。配給会社の目は節穴というかセンスがないとしか言えないですね。ジェニファー・ローレンスロバート・デ・ニーロというアカデミー俳優二人が親子を演じればつまらないはずがないです。この二人に「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督とくればもれなくブラッドリー・クーパーがついてきます。

www.youtube.com

シングルマザーが開発した掃除用品がQVCによって爆発的にヒットする話なんですが、私が幼い頃、母がQVCに釘付けになっていたこともあり強い親近感を持ちました。サクセスストーリーなのにジェニファー・ローレンスがほとんど笑わず、トラブルから来るストレスが絶頂に達した時にショットガンをぶっ放すなど後半は常に緊張感が漂うハードボイルドタッチというのは珍しいです。アメリカ南部で女性が自立して成功することの恐ろしさを理解することができました。