読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当てにならない映画メモ

つまらない?見方を変えれば面白い

家族はつらいよ

邦画 ドラマ

f:id:nightvisions:20161224202957j:plain

東京家族とキャストは同じで、設定を少し変える手法が小津安二郎そのものなんですが、演技がおおげさで二作目でもうマンネリ化してるのが否めません。

小津安二郎は毎回といってよいほど笠智衆らに全く同じ演技をさせて独特の間を観客に刷り込ませている分、たった一人だけキャラ設定を大幅に変えるだけで不協和音が生まれて、それが作品によって全く異なるハーモニーを奏でるので、飽きない仕組みになってます。

その手法にのっとって妻夫木聡のキャラ設定を大幅に変えたのでしょうが、橋爪功のキャラ設定まで変えてるものだから、とても不安定な感じがしました。折角、小津安二郎の映画を劇中に出すのなら、小津理論をしっかりと継承してほしかったです。

とは言え、時間を忘れて映画の世界に入れ込めたのはさすが山田洋次監督作品ですね。観終えて時間返せとは絶対になりません。

東京家族東京物語のリメイクとして素晴らしく、特に長男が往診医なので医療面から時代の変化を実感できて楽しめました。