読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当てにならない映画メモ

つまらない?見方を変えれば面白い

クリーピー 偽りの隣人

f:id:nightvisions:20170219192744j:plain

黒沢清監督はヒッチコックのドキュメンタリーに出たくらいのヒッチコックファンなので、何となく「サイコ」の雰囲気に似てました。映画の中間ポイントでいくつかのストーリーラインが交差し始めてラストに向けて速度が上がるのは気持ち良かったです。

起承転結もしくは序破急を意識するとホントに映画は楽しくなります。

竹内結子の心が蝕まれて狂気に陥る様がとてもエロティックなのがこの映画の最大の見どころですかね。同監督の「岸辺の旅」の深津絵里も輝いていたように中堅女優の魅力を引き出すのが上手いですね。ヒッチコック並みの変態に違いないです。