読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当てにならない映画メモ

つまらない?見方を変えれば面白い

きみはいい子

f:id:nightvisions:20170222123611j:plain

 特別支援学級(特殊学級)を扱う映画は初めて観ました。自閉症の子を演じた加部亜門君の演技は素晴らしかったです。本当に自閉症の子なのかと思いました。自閉症の子と家庭事情に悩む子が平等に描かれている点が非常に良かったです。

迫真の演技で母親が娘を虐待するシーンはリアリティーがあり痛々しくしんどかったですが、このシーンがあるから最後に爆発的な感動が生まれるのです。池脇千鶴の近所のおばちゃん感には笑ってしました。こういう人、確実にいます(笑)

学級崩壊に悩む新任教師、自身も虐待を受けて育ち我が子を虐待してしまう主婦、認知症の兆しがある独居老人と自閉症の子の交流、三つのストーリーラインが直接的には交差せず進むというのは「恋人たち」と同じ構成なのですが、「きみはいい子」の方が社会的なテーマが強くて個人的には好みですね。

印象的なシーンが多く忘れられない名作なので多くの人に観てもらいたいです。