読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当てにならない映画メモ

つまらない?見方を変えれば面白い

きみはいい子

邦画 ドラマ

f:id:nightvisions:20170222123611j:plain

 特別支援学級(特殊学級)を扱う映画は初めて観ました。自閉症の子を演じた加部亜門君の演技は素晴らしかったです。本当に自閉症の子なのかと思いました。自閉症の子と家庭事情に悩む子が平等に描かれている点が非常に良かったです。

迫真の演技で母親が娘を虐待するシーンはリアリティーがあり痛々しくしんどかったですが、このシーンがあるから最後に爆発的な感動が生まれるのです。池脇千鶴の近所のおばちゃん感には笑ってしました。こういう人、確実にいます(笑)

学級崩壊に悩む新任教師、自身も虐待を受けて育ち我が子を虐待してしまう主婦、認知症の兆しがある独居老人と自閉症の子の交流、三つのストーリーラインが直接的には交差せず進むというのは「恋人たち」と同じ構成なのですが、「きみはいい子」の方が社会的なテーマが強くて個人的には好みですね。

印象的なシーンが多く忘れられない名作なので多くの人に観てもらいたいです。

日本で一番悪い奴ら

邦画 クライム

f:id:nightvisions:20170221214546j:plain

外国人を相手にスリリングな取り引きができる精神力に驚きましたね。しかも、実話なのでさらに驚き。パキスタンとロシアまで不祥事に関わって来るので、国際的な背景にも注目できる傑作でした。

組織内での出世のために大罪を犯すことに罪悪感を覚えないのは、ナチス内での保身のためにホロコーストを平然と実行に移したアイヒマンの心理状態に近いものを感じました。ただ、ナチス内部では死の恐怖が常にあったのに対して、純粋な忠誠心が動機にあり組織にある危険性をよりストレートに身近に感じました。善意が良心を麻痺させることほど恐ろしいことはないですね。

愚行録

邦画 サスペンス

f:id:nightvisions:20170220200542j:plain

サスペンスなので内容には触れません。観た後に考察し合える映画なので数人で観るのがいいと思います。「淵に立つ」ほどの衝撃はないものの(洋画サスペンスでは普通にある様な衝撃レベル)じわじわと来る後味の悪さがありました。それにしても予告編で色々見せ過ぎなのは問題ですね。。

序破急で言うと、序の人物のキャラクター説明は視覚的で映画の良さが際立っていますが、破の最後で話の全容が分かってしまい、本来は速度が早まる急が速度変化せず、少し惜しい感じです。それと学生を演じるには年齢的に厳しい俳優が多かったですかね。渇き。の小松菜奈二階堂ふみ橋本愛の三人を起用すればリアル感あったのにな。

クリーピー 偽りの隣人

邦画 ホラー

f:id:nightvisions:20170219192744j:plain

黒沢清監督はヒッチコックのドキュメンタリーに出たくらいのヒッチコックファンなので、何となく「サイコ」の雰囲気に似てました。映画の中間ポイントでいくつかのストーリーラインが交差し始めてラストに向けて速度が上がるのは気持ち良かったです。

起承転結もしくは序破急を意識するとホントに映画は楽しくなります。

竹内結子の心が蝕まれて狂気に陥る様がとてもエロティックなのがこの映画の最大の見どころですかね。同監督の「岸辺の旅」の深津絵里も輝いていたように中堅女優の魅力を引き出すのが上手いですね。ヒッチコック並みの変態に違いないです。

キャロル

洋画 ロマンス

f:id:nightvisions:20170218222026j:plain

ルーニー・マーラがどうしようもなく可愛かったです。あの目力を持つカメラ女子は反則!「ドラゴン・タトゥーの女」と同じ女優と思えません。

もうそれだけで大満足なのに、ケイト・ブランシェットの昔のハリウッドスターのような圧倒的な存在感にとどめを刺されました。「アビエーター」で演じたキャサリン・ヘプバーンのイメージにぴったりの格好良い女性ですよね。

魅力がある人を好きになることは自然なことでたまたまその相手が同姓だったという切り口はすんなりと感情移入できて良かったです。表情にこんなにも説得力を感じる映画にはなかなか出会えません。女性の内面を少しでも理解できたことは今後、人間関係を構築する上でプラスになると思いました。精神年齢が低い自分にとってルーニー・マーラと共に成長していくような感覚がありました。

f:id:nightvisions:20170218235757j:plain

マリアンヌ

洋画 ロマンス

f:id:nightvisions:20170215202833j:plain

ロバート・ゼメキス監督といえば「フォレスト・ガンプ」や「ザ・ウォーク」のような畳みかけて来る詩的なナレーションが印象的でそれを楽しみにしていたのにナレーションすらないのは個人的には寂しかったのです。ひねりがないストーリー展開なので、様々なドラマや映画を目にしている現代人には物足りなさを感じるかもしれません。

カサブランカ」を彷彿させるものがあり、それならいっそのこと「カサブランカ」をベースにもう少し入り組んだシナリオをロバート・ゼメキス監督に演出してもらいたかったなと思いました。

f:id:nightvisions:20170215205508j:plain

 

ちはやふる 上の句 下の句

邦画 青春

f:id:nightvisions:20170214191948j:plain

ストーリー展開はよくある様な感じですが、映像表現がとにかく格好良い映画でした。二本続けて観れるほどの面白さがありました。

どっかで聞いた声がすると思ったら「君の名は。」の上白石萌音が出てました。三葉の声で上の句を聞くというのも一つの楽しみになると思います。

撮影当時、現役高校生であった広瀬すず上白石萌音の共演ということもあり、二十代の俳優が高校生役をやる不自然さがないフレッシュな青春映画となっています。「桐島、部活やめるってよ」「リトル・フォレスト」で印象的だった松岡茉優が最大のライバルを務めており、演技力の将来性を期待できる存在感がありました。