読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当てにならない映画メモ

つまらない?見方を変えれば面白い

哭声/コクソン

サスペンスと思わせて理屈では理解しえない世界へ引きずり込む作風はまるでデヴィッド・リンチを思わせます。共通するのは「真実への過信」ではないかと思います。科学的根拠でのみ真実を見出し、それを絶対的な真実だと思いこむことは思考の可能性を閉じて…

砂上の法廷

絶対に騙されないつもりで注意深く観たのですが、まんまと監督の思う壺にはまりました。悔しい。オチ的にはそこまで難解でないものの、えっそっちの展開?と驚きました。主人公の言動をしっかり確認すれば、勘の良い人ならオチを見切れるのではないでしょう…