読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当てにならない映画メモ

つまらない?見方を変えれば面白い

ブラインド・マッサージ

f:id:nightvisions:20170205192917j:plain

こんなに精神力を消耗する障害者ものの映画は初めてかもしれません。多くの当事者が全編にわたり俳優として登場する映画はかなり珍しいです。

視覚障害体験というとアイマスクを付けて歩くというのが多いのですが、あれはとても生温い体験なんだなと思いました。視界不明瞭で光の乱反射が激しく感じられ、体感できる世界が狭いというのが映像表現のみで感じられるのは画期的でした。全盲はもちろんのこと、弱視の人もかなり苦労されていることを実感しました。映像表現に関しては当事者と意見交換を重ねて作り上げたそうです。

性的なアクセシビリティの不健全さや、バリアフリーの理念が浸透していない中国での生活の過酷さを生々しく描いていて精神的につらい場面が多いのですが、国民性であるエモーショナルな心のぶつかり合いが何とも心地良いのです。

ラストの物悲しくも幸福を掴み取った最高の笑顔にノックアウトされました。